人気ブログランキング |

私、定時で帰ります。

 タイトルは火曜日10時からのTBS系連続ドラマ。私は毎週録画して見ています。なかなか面白いです。主人公の吉高由里子はIT会社の社員で主任クラスなのですが、18時の定時になると残業する他の社員を尻目に中華料理屋に向かい、生ビールと小籠包で乾杯するというものです。その時のビールを飲む様子が、とてもうまそうで、人生はこのためにあるという感じなんですね。まるでおじさんか?という雰囲気です。
 吉高については、若い頃から注目していましたが、すごく魅力的な俳優ですね。どこか人を惹きつけるオーラがあるようです。身近なところにこんな人がいたら、おそらく心惹かれてしまうなあと思いながら見ています。
 この番組は、現在の働き方改革に対して視聴者を考えさせる場面がもりだくさんです。職場も変わらないといけないということを暗喩する番組だと思いますね。

# by shin-pukupuku | 2019-05-18 05:42 | 映画 | Comments(1)

西野智彦『平成金融史』を読んで

 タイトルの本を読破しました。
 バブル崩壊からアベノミクスまでの金融史について、ドキュメンタリー風にまとめた本でした。著者はテレビ局のディレクターのようですが、報道関係者故にわかりやすく、小説風に事実をまとめていました。
 平成の30年間に起こった金融関係のさまざまな事件を思い起こしながら、この本を読みました。社会科教師として金融関係についても興味を持ち、授業などでもニュースなどを教えてきたはずなのに、新たに知ることも多く、それぞれの事件の背後にどのような状況があったのかについて学ぶことでした。
 著者は30年に及び平成の金融動乱についてあとがきで次のように分類しています。
「バブル崩壊の衝撃に怯えつつも、地価の復活をひたすら信じ、問題の先送りを繰り返した1989年からの7年間。恐れていた金融危機が勃発し、大型連鎖破綻によって公的資金やゼロ金利を決断せざるを得なくなった95年央からの6年間。デフレの発生と不良債権の累増で累増で大規模な量的緩和と竹中プランが出動した2002年からの6年間。そしてリーマン危機や東日本大震災後の円高でデフレが慢性化し、政治主導の異次元緩和に追い込まれた最後の10年余。平成金融は大きく4つのフェーズ(局面)に分類することができる。
 振り返れば、すべて「失敗と実験」の連続だった。」
 平成という時代は金融界にとっては激動の時代でした。平成になる前は都市銀行なるものが幅を効かせていて、銀行に就職することは生活の安定と多額の年収を約束されたような印象がありました。ところが、今ではその当時の都市銀行の名前は現在のどこにも名前がそのまま残っていません。これだけでも、金融界がいかに激変したかがわかると思います。
 この著書は、この本を通して、さらなる時代に向けて金融界がより一層の激動の時代へ向かうのではないかと予言しているように感じました。
 ゼロ金利と量的緩和という政策は、今後起こりうる景気の悪化にどう対応するのでしょう。もう、その後はないような印象なのですが、そのことだけでも零和の時代には大きな恐慌が発生するのではないかと危惧されます。現在の中国とアメリカの貿易戦争をみても、世界同時恐慌が起こり、金融界はまたしても大きな並にのまれるのではないかと不安になりました。

# by shin-pukupuku | 2019-05-17 06:00 | | Comments(0)

チェコの歴史を学ぶ

 R教協石巻支部の学習会に初めて参加してみました。石巻支部の例会を3.11以後はじめて再開したのだそうです。タイトルは「合唱構成ぞうれっしゃがやってきたーチェコ公演に参加して」というものでしたが、その報告ではチェコの見学地や歴史について写真を利用した説明がありました。
 その中で特に興味を惹かれたのは、チェコの歴史です。ナチス・ドイツによるチェコ占領によって、リディツェ村の悲劇が起こったことを詳細に知ることとなりました。レジスタンスによるSS大将ラインハルト・ハイドリヒ暗殺計画の報復として、リディツェ村の多数の市民が殺害され、子どもたちも国外へ連れ出され、戦後生還できたのは105人中17人であったこと、村そのものがなかったように抹消されたことを知りました。「抵抗のプラハ」などの映画でもこの事件について描かれているようですが、ぜひ、その映画を見てみたいと思いました。
 その学習会は、現職教員対象ではなく、退職された教員向けの市民講座みたいな雰囲気がありました。ほとんどが退職組。6月は雄勝にFWするのだそうです。数時間ですので、私も参加したいと思っています。

# by shin-pukupuku | 2019-05-16 05:40 | 教育関係 | Comments(0)

丸山議員の発言

 丸山議員の発言には怒りしか感じませんね。なぜこのような人が国会議員に選ばれているのか、まったく理解できません。所属政党から除名になるのは当たり前ですが、国会議員を辞めるのも当たり前でしょう。ところが、本人は無所属として議員を続けるというわけですので、開いた口がふさがりません。怒りのみ。本人の反省というのはその程度のものなのでしょう。これまでも何かと問題発言を繰り返してきた議員ですが、国会議員にしがみついているという印象。国会議員の報酬がほしいだけなのでしょう。
 こんな議員を、国民は選挙で代表者として送り込んではいけないのは明らかですね。

# by shin-pukupuku | 2019-05-15 06:08 | 雑感 | Comments(0)

変わるもんですね。

 現在住んでいるマンションについている無線LANですが、この2ヶ月ほど調子が悪く、特に夕方から夜にかけて動画が固まってしまいます。どうしたのかなあと思いながら、過ごしていました。新しいwifi機器を購入して、有線LANに設定しようかなと思うほどでした。
 先日の夜には、DAZNが固まり、鹿児島ユナイテッドFCの試合もなかなか視聴できない状況になりました。
 これはなんとかせねばと思い、本日、マンションが契約しているwifi運営会社に電話しました。すると、マンション内で故障しているところはなく、おそらく夕方から多くの方が利用されるので、混雑しているのでしょうということでした。そのためにその混在を解消するように技術的な処置をしますという連絡でした。
 その処置が完成するのは今週末までなのですが、早速、DAZNを混雑時間帯に視聴してみました。
 すると、画像が固まることなく、すでにスムーズに写るようになっていました。
 混雑解消の技術的処置というのはいったいどういうことをしているのかわかりませんが、その会社は大阪にあるようです。どうやって処置するのだろうととても不思議です。しかし、あっという間に処置してしまうとは、ネット上のやりとりで何らかの処置をするのでしょう。
 やはり何か問題が起こったときは、関係者に相談するということなんでしょうね。専門家の力はやはり偉大です。自分は不具合がわからず悶々としていたのですが、こんな風にあっという間に解決。これでヤクルト戦もネットで楽しめそうです。うれしいかぎり。ビールが進みますね。

# by shin-pukupuku | 2019-05-14 05:26 | 雑感 | Comments(0)

久しぶりの映画なのに…

 久しぶりにイオンシネマで「オーヴァー・ロード」という映画を見ました。ナチスが出る戦争映画だということは事前につかんでいましたが、戦争映画については好きな方のジャンルなので、早速見に行きました。
 広い会場なのに、観客は5人ほど。相当、人気のない作品なんだろうなあと思いながら、見ていました。最初はフランスのノルマンディー上陸作戦前に送り込まれた落下傘部隊の話から始まりました。ドイツ軍に攻撃されて墜落する輸送機から落下傘として降りていくシーンから始まり、これは「史上最大の作戦」と同じ構図だなと思いながら見ていました。最初の入り口はとても興味を惹かれる導入でした。
 ところが、後半、最後の30分ぐらいのストーリーと場面には、あきれてしまいました。ほとんどホラー。フランスのある村で人体実験を行っていたドイツ軍は、死んでも生き返り何度も戦える薬を開発していました。それを服用したドイツ将校は死んだはずなのに生き返り、まさしくゾンビ映画となっていくのでした。
 映画場面は、人権無視の殺戮と暴力のオンパレード。しかもドイツ兵はどんどん殺され、アメリカ兵には銃弾が当たらないという不思議さ。あ~あという感じで映画は終わっていきました。
 久しぶりに見た映画だったのに、こんな作品では足を運びたくなくなります。時間がもったいない感じとなりました。
 戦争映画とゾンビ作品というのが、この映画の柱でした。監督はおそらくゾンビ作品を仕上げたかったのでしょう。ここまでやるかという作品でしたね。

# by shin-pukupuku | 2019-05-13 05:38 | 映画 | Comments(0)

朝日新聞のインタビュー

 5月10日付け朝日新聞のオピニオン&フォーラムでは、早乙女勝元さんのインタビュー記事でした。東京大空襲の記録で有名な方ですが、現在87歳。戦災資料センターの館長を退任するのだそうです。
 87歳にしても矍鑠としている姿に驚くとともに、生涯をかけて、東京大空襲の記録とそれを後世に伝えていくという姿勢に改めて尊敬の念を持つことでした。
 加害の歴史と向き合う必要性を感じたのは、羽仁五郎による「あなた被害者丸出しだね」という批判が契機となっていると見ました。被害の歴史を徹底的に追究することで、世界中でおこる戦争による空襲でいかに一般市民が被害を受けているのかを想像できるという信念に心惹かれました。重慶やベトナムでも調査し、そのことは彼自身の被害と加害の重層的な理解を示していると思います。
 これまで戦争関連の本を100冊以上出したようです。その功績は、私も含め、多くの日本人に大きな影響を与えてきましたし、後世においても反戦平和の思想を伝えていくことになるだろうと思います。
 早乙女さんのまとめてきた空襲の記録が、遠い過去にならならいように、教育者は創意工夫を図っていく必要があることでしょう。

# by shin-pukupuku | 2019-05-12 06:10 | 教育関係 | Comments(0)

再び

 再び、石巻に戻ってきました。昨日から仕事モードです。鹿児島は暖かくて過ごしやすい毎日でした。こちら石巻では、下着は長袖が必要のようです。
 本日は、公立保育士採用試験の学習会でした。どういうわけか、これまで私がボランティアのような形で中心になってこの学習会を開いてきました。今年から、保育士教員養成センターの方に仕事を依頼し、そちらを通して計画をたてる手立てをお願いしました。
 ところがふたを開けてみると、どの先生方も忙しく、数回なのに講師希望者は少なく、結局空いているところは、私がすべて対応することになりそうです。
 なぜ私だけと思いたくなりますが、ここは学生たちとのコミュニケーションの機会と夢を実現する仕事であると自分自身に言い聞かせて、がんばろうと思います。この地域の保育士関係者が、私の教え子としてネットワークになっていくことを期待したいと思います。

# by shin-pukupuku | 2019-05-09 17:35 | 雑感 | Comments(0)

専門家の力

 連休中に与次郎ケ浜にあるスポーツデポに買い物に行きました。そこで、ランニング用のシューズを購入しようと思ったわけです。
 アシックスのシューズが私にはフィットするので、これまで通りに同じ系列のシューズを探しましたが、今回は3Eの幅のものにしました。この3Eについては、店員に確認して、シューズの幅を示すことだということが、初めてわかりました。これまで、2Eを買ったり、4Eを買ったりしていましたが、よくわからないで買うことの問題性を自分自身で感じることでした。
 今回はインソールについても特別に作ってもらおう思っていました。これまでは市販のものを活用していましたが、それもはきこなし、左足裏が痛くなってきましたので、2週間後のフルマラソンに備えようと思ったのです。
 デポの店員を呼んできて話を聞きました。
 するとこの店員のシューズとインソールに関する知識に圧倒されました。参考になることばかり、話してくれました。足にフィットするシューズの大きさをはじめ、シューズをいつ買い換えるかなど、私のわかっていないことを指南してくれました。その結果、シューズは一回り大きめのものを購入することでした。
 インソールについても、私の足の形状に合わせて、どのようなものが良いかを具体的に説明してくれました。しかも、オーダーメイドのインソールを強引に購入させるという言い方ではなく、知識を持って、説明するだけ。その姿勢に信頼感を持ち、すぐにその場でインソールを購入しました。9300円ほどもしましたが、けっして無駄金ではないと思いました。実際にできあがったインソールをシューズに入れて履いてみると、その履き心地の良いこと良いこと。感激しました。
 実際に翌日からジョギングで履いてみましたが、左足の痛みはまったくなく、走りもすごく良かったです。
 専門家の力をこんなところで感じることでした。
 その店員の姿から自分は専門家としての力を持っているかなと自分自身を振りかえることでした。

# by shin-pukupuku | 2019-05-07 13:19 | ジョギング | Comments(0)

ザボンラーメン

 鹿児島に帰省すると、かならず鹿児島ラーメンを食べます。くろいわラーメンかザボンラーメンなのですが、今回はザボンラーメンを食べました。
 とんこつをベースにした甘い味付けが、鹿児島ラーメンを代表する味となっていると思っていますが、今回、妻から白胡椒を入れると美味しいよと言われ、初めて入れて食べてみました。
 すると、その味の濃厚さに感動。
 そのままでも美味しいと思っていましたが、胡椒を入れるとさらに美味しくなっていくことに驚きました。最後はニンニクを入れてみると、さらに味が変わり、また何とも言えないうまさに。
 今回の鹿児島帰省は、仲間との飲み会がなんといっても最大の楽しみとなりましたが、2番目がザボンラーメンの新たなる発見ということになりそうです。

# by shin-pukupuku | 2019-05-06 08:43 | 雑感 | Comments(0)